« 栗田智仁のパイナップルの名前の由来 | トップページ | 栗田智仁のピーチパインについて »

2010年12月22日 (水)

栗田智仁のスナックパインについて

栗田智仁のパイン日記

はい!栗田智仁です。

今日は、スナックパインについてです。

スナックパインの特徴はなんといっても、手でちぎってたべれるところ。
通常のパイナップルより甘く、酸味も少ない、とっても魅力的なパイナップルです。
パイン好きの方にはもちろん、パインのすっぱさが苦手な方でも美味しく食べていただけます。
スナックパイン底の部分を切り取り、あとはとうもろこしの粒をとるように、1粒つづ手で引きちぎってください。真中に残った芯も食べられるすぐれものです。

■スナックパインについて

スナックパインはフィリピン産やハワイ産のパイナップルとは違い、基本的には小ぶりなパイナップルです。主に、沖縄で栽培されています。手でちぎって食べられるお手軽さはもちろんですが、一般的なパイナップルよりも甘くてジューシーなところも、近年人気が出てきた要因でしょう。

【スナックパインの味】
ジューシーな果肉は甘さたっぷり。ふつうのパイナップルより糖度が高く、酸味が薄いのが特徴です。果肉はもちろん、芯まで柔らかく、果汁もたっぷりです。

【スナックパインの栄養など】
パイナップルにはビタミンB1、B2、Cや、ダイエトには欠かせない食物繊維などの栄養素たっぷり含まれています。
肉料理と一緒にや、肉料理の後のデザートにお召し上がりになると、消化を助ける働きがあります。
【スナックパインの食べごろ】
青みの残るものを食べることができますが、常温で数日おいておくと、黄色みを帯びて、さらに果実が柔らかくなってきます。
表面に黄色くなり、甘く芳醇な香りがしてきたら食べごろです。
【スナックパインの食べ方】
食べる前に冷蔵庫でよく冷やしていただくと、より一層美味しくお召し上がり頂けます。
下記のように、手でちぎって食べるのが、スナックパインならではの楽しい食べ方です。もちろん、普通のパイナップルみたいに、皮を剥いて輪切りにして食べることもできます。

栗田智仁も食べたことありますよ。

一粒ずつ取れるのでなんだか病みつきになりそうでした。

« 栗田智仁のパイナップルの名前の由来 | トップページ | 栗田智仁のピーチパインについて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350168/38171803

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田智仁のスナックパインについて:

« 栗田智仁のパイナップルの名前の由来 | トップページ | 栗田智仁のピーチパインについて »