« 栗田智仁のパイナップルのメレンゲタルト | トップページ | 栗田智仁のパインいり酢豚 »

2011年1月 8日 (土)

栗田智仁のパイナップルの成分

栗田智仁のパイン日記

ハイ!栗田智仁です。今日、栗田智仁がお届けするパインの話は、パイナップルの成分についてです。なんで今更??なんて思っている人もいると思いますがやっぱりここは初心を忘れない!といいいますか。さて、いきますよ!生のパイナップルには「ブロメライン」というたんぱく質分解酵素が存在します。パイナップルをたくさん食べ過ぎると舌がぴりぴりすることがありますが、これは舌の表面に存在しているたんぱく質が「ブロメライン」により酵素分解されるために感じることです。また生のパイナップルジュースを使ったソースにお肉を漬けておくと肉質が柔らかくおいしくなるのも、この酵素の働きによるものです。よくありますよね。パイナップル食べ過ぎて、舌が痛くなること。でも次の日になるとぜんぜん無くなってまたついつい食べちゃう。いい循環なんだか、栗田智仁が馬鹿なのか分かりませんが結果は後方だと思います。

栗田智仁とパイン日記

遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。今年も、栗田智仁のパイン日記を宜しくお願い致します。年頭の目標として、今年はどんだけパインを食べることができるかギネスに挑戦できたらって思っています。実際のところこういう記録があるのかって所が微妙ですが・・・・。そのために大量にパインを購入しないといけないですね。がんばってパインを購入できる人間になりたいと思います。今年も宜しくお願い致します。

« 栗田智仁のパイナップルのメレンゲタルト | トップページ | 栗田智仁のパインいり酢豚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350168/38388162

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田智仁のパイナップルの成分:

« 栗田智仁のパイナップルのメレンゲタルト | トップページ | 栗田智仁のパインいり酢豚 »