« 栗田智仁のパインのアロマオイル | トップページ | 栗田智仁パイナップルの学名 »

2011年2月15日 (火)

パイナップルの花言葉?

パインはたくわえる

少し興味のある情報を見たので紹介をしたいと思います。 パイナップルに花言葉がある?! 知っていましたか?? 栗田智仁は全く知りませんでした・・・・。 花言葉は花にしかないものだと思ったいたもので。 早速紹介します! アナナス(パイナップル) 花言葉はたくわえる! 上品な外観で、おっとりしたお嬢さん、お坊ちゃんタイプ。 浮世離れした夢想家ではなく、いざというときは現実的に行動する能力、気力の持ち主。 結婚すると家庭を守るために、よりいっそうの力を発揮します。 アナナスとは、本来はパイナップルのことであるが、園芸上はパイナップル科の植物(特に園芸上の価値のあるもの)の総称を意味することが多い。 アナナス属 (Ananas) の他、グズマニア属 (Guzmania) 、エクメア属 (Aechmea) 、フリーセア属 (Vriesea) 、ブロメリア属 (Bromelia) などがある。 これは和語つまり日本語でパイナップルといいます! 特徴として、名前の由来は、果実の形が松かさに、味がリンゴに似ているのでパイン(松)+アップル(リンゴ)という説のほか、パインは松かさを意味するが、アップルはリンゴではなく単に果物という意(西欧の言語では、リンゴを果物の代名詞とする造語例が多数ある)であるという説がある。 パイナップル科の植物の多くと同様に、パイナップルもあまり土壌には依存しておらず、熱帯のやせた酸性土壌や乾燥した環境でよく育ち、降った雨水を葉の付け根に集めて葉面から吸収する。 そのため、葉面散布肥料が効果的である。 パイナップルの果実は芳香があり、多汁でさわやかな酸味と甘みに富み、生果肉100g中全糖分として10~15%、クエン酸やリンゴ酸など酸類を 0.8~1.2%、、カルシウム17mg、カリウム100mgを含み、ビタミンCを5~14mgのほかカロチンやビタミンBも含んでいる。 果汁中にはタンパク質分解酵素ブロメラインを含み、肉類の消化を助ける。 しかし、タンパク質の一種であるゼラチンを分解してしまうため、生の状態のパイナップルを入れたゼラチンのゼリーは作ることができない。 なるほど!栗田智仁感心というか凄く勉強になりました! もしかしたら、もっとこういった果物の花言葉ってあるのかも! また、栗田智仁調査に専念したいと思います!

« 栗田智仁のパインのアロマオイル | トップページ | 栗田智仁パイナップルの学名 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350168/38878176

この記事へのトラックバック一覧です: パイナップルの花言葉?:

« 栗田智仁のパインのアロマオイル | トップページ | 栗田智仁パイナップルの学名 »