« 栗田智仁の甘さの違い | トップページ | 栗田智仁のパイナップルの歴史 »

2011年3月22日 (火)

栗田智仁のパイナップル

栗田智仁のパイナップル

栗田智仁のパイナップル解説

パイナップル(パインアップル、パインナップル、学名:Ananas comosus 英:pineapple)は、熱帯アメリカ原産のパイナップル科の多年草。
単にパインと略して呼ばれることもある。
また、果実だけをパイナップルと呼び、植物としてはアナナスと呼ぶこともある。

リンゴを表す語は、古くから「リンゴ以外を含む果実一般」を指すものとしても用いられ、英語の「アップル」 (apple) も以前はそうであった。
「パイナップル」 (pineapple) という名前は、本来は松 (pine) の果実 (apple)、すなわち「松かさ」(松ぼっくり)を指すものであったが、これが18世紀ごろに、似た外見をもつ本種の果実に転用され今に至る。

このほか、味がリンゴに似ているのでパイン(松)+アップル(リンゴ)という説もある。

形態
葉は地下茎から叢生して剣状で硬く、ふちにとげのある品種とない品種がある。
増殖させるときの苗は葉の付け根の腋芽が発達した吸芽を用いる。

苗を植えて12-18カ月すると株の中心部から花穂が現れる。
60cmから長いものでは100cmに至る花軸が伸び、先端部分に円筒形の花序が付き、約150個の花が咲く。
花序にらせん状に密生する花はがく(外花被)、花びら(内花被)とも3枚で、単子葉植物の典型的な姿である。
花びらは肉質であり、色は白を基調とし、先端部分が薄紫色を帯びる。
開花後、受粉の有無によらず、約6カ月で結実する。
結実後、子房に由来する真の果実と個々の花の基部にある花托、さらに花序の軸までが融合して肥大化し、いわゆる「パイナップル」となる。
花序の先端の成長点は開花後も成長を続けて葉をつけた冠芽になり、これを挿し木しても繁殖できるが、吸芽を用いるよりも開花までの時間がかかるため、経済栽培における繁殖用には用いられていない。

フルーツなどの農産物を取り扱うドール・フード・カンパニーでは、2009年から、収穫時に切り取った冠芽を新しい苗に再利用したパイナップルをエコパインの名称で販売している。

栽培
パイナップルは多年草であり、実を収穫後、根茎から再び芽を出し、これが成長すると先端部に結実する。
しかしながら、収穫ごとに実が小さくなっていくため、株を3年以上用いることは少ない。
パイナップルの果実といわれる食用部分は伸長した花序の軸の周りに排列した小果実の付け根の部分が軸もろとも融合肥大し、多量の汁を含むようになったもので、真の果実は表面へ螺旋状に並んだ、硬化して食べられない疣状の部分から果肉の表層までの部分である。
多くの市販品を生産している農園では遺伝的に同一個体のクローンである同一品種ばかりを植えるので、自家不和合性によって受精が、ほとんど起こらず、果実内に種子ができていない。
しかし、市販品でも時々他の農地の他品種の花粉がハチなどによって運ばれるなどの原因で受精が起きていることもあり、皮として剥いた部分と食用になる果肉の境界部分に褐色の胡麻粒のような種子が小数見られることがある。
もちろんこれを土にまけば発芽するが、開花して果実をつけるに至るまで何年もかかる。

パイナップル科の植物の多くと同様に、パイナップルもあまり土壌には依存しておらず、熱帯のやせた酸性土壌や乾燥した環境でよく育ち、降った雨水を葉の付け根に集めて葉面から吸収する。
そのため、葉面散布肥料が効果的である。

« 栗田智仁の甘さの違い | トップページ | 栗田智仁のパイナップルの歴史 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350168/39328146

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田智仁のパイナップル :

« 栗田智仁の甘さの違い | トップページ | 栗田智仁のパイナップルの歴史 »