« 栗田智仁のパイナップルの栄養 | トップページ | パイナップルミント »

2011年3月31日 (木)

栗田智仁のパイナップルをおいしく食べるコツ

栗田智仁のパイナップル

栗田智仁のパイナップルをおいしく食べるコツ

パイナップルのいちばん美味しいところは葉っぱのついていないほうの下の部分なんです。下の部分は葉っぱのついている上の部分よりもはるかに甘いのです。それを均等な甘さにするには、しばらくのあいだ葉の部分を下にして置いておくと、甘さが均等になります。パイナップルをいちばん美味しく食べるコツは、食べる日の1日前に買って、さかさまにして1日置いておくことです

パイナップルは、日本では沖縄が主な産地となっており、面白いことに、缶詰やジュースとして加工しても、ゴミとして廃棄されるものはありません。

どういうことかというと、クズとして出る皮の部分や葉っぱは、乾燥させて飼料にできるというのです。

段ボールのように捨てるものがなく、リサイクルされるというわけです。

店頭で並ぶパイナップルは、置いていても追熟しません。基本的に完熟させてから収穫するため、収穫した時期が最も美味しいと言われています。

ただ、一人暮らしでは量的に多いのと、食べ過ぎると口の中を痛めてしまうことがあります。これはパイナップルに含まれるシュウ酸カルシウムの針状結晶によるもので、口の中が荒らされるだけでなく、ブロメラインという酵素の作用で口中内のタンパク質が分解されるためです。ひどい場合出血しますので、口の中の違和感を感じたら、その日は食べるのを中止してください。

タンパク質を分解するブロメラインは、デザートを作る方にも覚えて欲しい成分です。

ゼリーを作る際、果物によっては生のまま入れるとゼラチンが固まらないことがありますが、ブロメラインもゼラチンを分解してしまうので、せっかくのゼリー液が無駄になるのです。もし生のパイナップルを使いたいと思うなら、一度砂糖を入れて煮こんでから使うとよいでしょう。

砂糖で煮込むと、冷ました後に冷蔵庫で保管すると、生の状態よりも若干日持ちします。

先程のシュウ酸カルシウムについては、未完熟や追熟がしっかりおこなれていない他の果物にもあることです。

パイナップルの保管方法としては、冷蔵庫ではなく室温でも可能です。パイナップルの甘い香りが漂いますので、数日、トロピカルな気分に浸ってもいいでしょう。ただ、置き方に工夫をするとより美味しく食べることができます。

パイナップルをいただき物で貰ったり、買って帰った後は、葉の部分を下にして逆さまに置いておくのです。

果物の糖分は下に集まりますので、逆さまにすることでまんべんなく糖分を行き渡らせるのです。

パイ名ppるを料理に使う場合はお肉との相性が非常に良く、お肉のタンパク質も分解してくれるため、消化の助けになります。ステーキ肉を柔らかくしたい時にも最適で、一緒に漬け込んでおくとお肉が柔らかくなります。

カッティングしたあとの保存は、冷蔵庫保管をし、なるべく早く食べきるか、砂糖で煮て完全に覚ました後冷蔵庫で保管をしましょう。香りが強いため、庫内でにおい移りが気になるなら、密閉容器に入れてください。

« 栗田智仁のパイナップルの栄養 | トップページ | パイナップルミント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350168/39436600

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田智仁のパイナップルをおいしく食べるコツ:

» 本当に痩せたダイエットを公開 [緊急ダイエット 本当に痩せたい人だけみてください☆]
本当に痩せたダイエットだけを厳選しました。 大幅に減量に成功した人たちの秘策を公開します。 確実に痩せるためには成功者に学ぶのがいちばんです!! 夏までに健康的に体質改善しましょう。 [続きを読む]

« 栗田智仁のパイナップルの栄養 | トップページ | パイナップルミント »